日本アルバン・ベルク協会
HOME
協会のご紹介
活動内容
ベルク年報
入会案内
会員の活動


    

ベルク年報

日本アルバン・ベルク協会が発行している年報の紹介です。
会員の皆様には、特典として配布されます。
会員外の方は、日本アルバン・ベルク協会、またはアカデミア・ミュージック株式会社にてご購入できます。
下記までご連絡ください。

 日本アルバン・ベルク協会
 〒101-0065 東京都千代田区西神田2-4-1 東方学会本館22号室
 TEL/FAX 03-6261-0987
 aberggj1985アットmb.infoweb.ne.jp(担当:石井)

 アカデミア・ミュージック株式会社
 〒113-0033 東京都文京区本郷1-28-21
  TEL 03-3813-6751 FAX 03-3818-4634

第16号 (2013-2015)
  追悼ピエール・ブーレーズ
・ブーレーズの東洋の原点にあるもの(ロベール・ピエンチコフスキ、藤田茂訳)
・ブーレーズの「眼」(野平一郎)
・京都賞のブーレーズ(長木誠司)
・ピエール・ブーレーズの遺したもの――受け継がれて行く精神(岡部真一郎)


・シンポジウム「新ウィーン楽派再考」
 (パネリスト:石田一志、佐野光司、長木誠司、樋口隆一、司会:沼野雄司)
・ベートーヴェンからベルクまで〜J.S.バッハ、ブラームス、マーラーを経て、
 ベルクが総括したもの〜[完結編](諸井誠)
・Toward the Neo-Japonism ―― Japanese Composers in the 21st Century
 (MFJ2016に参加して:新しいジャポニスムの行方)(沼野雄司)


創作の現場から〜若手の作曲家の活動 第5回
・エクリチュールの強度(酒井健治)


研究論文
・職人気質とメランコリー:ヒンデミットと第一次世界大戦(中村仁)
・「形式性」がもたらす「共存性」―ベルクの歌劇《ルル》の「生」―(今村淳)
  (101頁 2,700円+税)

第15号 (2011-2012)
第15号 (2011-2012) ・シンポジウム「3.11と音楽」
(パネリスト:一柳慧、川島素晴、長木誠司、沼野雄司、松平あかね)
・アルバン・ベルクの白鳥の歌Schwanengesang《ヴァイオリン協奏曲》について(諸井誠)
・ベートーヴェンからベルクまで〜J.S.バッハ、ブラームス、マーラーを経て、ベルクが総括したもの〜(諸井誠)
・《アッシジの聖フランチェスコ》〜第2幕、第3幕の構成と和声の問題(佐野光司)


創作の現場から〜若手の作曲家の活動 第4回
・手さぐり作曲法*己の嗅覚を頼りに*(小出稚子)


研究論文
・ジェルジ・リゲティ《アバンチュール》における作品コンセプトの変化(佐藤仁美)
 (128頁 2,400円+税)

第14号 (2009-2010)
小特集 《ブーレーズ in 京都》>
・Labyrinth of Ideals
  (The 2009 Kyoto Prize Commemorative Lecture:
 Arts & Philosophy)
 (Pierre Boulez)
・理想への道(2009年度京都賞記念講演会)
(ピエール・ブーレーズ)
・Boulez in Kyoto: Composition Commentary
 (The 2009 Kyoto Prize Workshop in Arts and Philosophy)
 (Pierre Boulez/Interviewer: Ichiro Nodaira)
・ブーレーズ・イン・京都
 (2009年京都賞ワークショップ基調講演録)
 (ピエール・ブーレーズ/聞き手: 野平一郎/訳: 藤田茂)
・ブーレーズの京都賞―激怒する職人の孤独―(藤田茂)


20世紀のオペラ
・カリクスト・ビエイト、《ルル》について語る(森岡実穂)

創作の現場から〜若手の作曲家の活動 第3回
・仕切り魔の夢(藤倉大/聞き手: 岡部真一郎)


研究論文
・音楽的相互影響の一断面―マーラーとシェーンベルク、1906年
(佐野旭司)
 (105頁 2,400円+税)

第13号 (2008)
・《ヴォツェック》と劇中劇(植村耕三)

小特集 《シュトックハウゼンの音楽》
・シンポジウム「シュトックハウゼン再考〜1周忌を前に」
 (小鍛冶邦隆、佐々木敦、清水穣、松平敬、長木誠司)
・一九七七年 東京で カールハインツ・シュトックハウゼン
 作曲 雅楽の楽器と四人の舞人のためのヤーレスラウフ(歴年)
 ―リヒト(ひかり)より オリジナルヴァージョンの世界初演
 (木戸敏郎)
・パリのシュトックハウゼン 1952.1.16〜1953.3.27(清水穣)
・シュトックハウゼンのピアノ曲について(近藤伸子)
・シュトックハウゼン《宇宙の脈動》について(松平敬)

フランスの音楽
・《アッシジの聖フランチェスコ》〜第1幕におけるモティーフと
 和声の問題(佐野光司)
・グリゼーの音楽(渡邊裕美)
・グリゼー主要作品表/グリゼー年表(渡邊裕美)

創作の現場から〜若手の作曲家の活動 第2回
・音を視る(山根明季子)

(145頁 2,400円+税)

第12号 (2006-2007)
小特集 《メシアン生誕100周年(1908-92)》
  ・木村かをりメシアンを語る(木村かをり×佐野光司)
  ・Le savoir transmis 知の継承・メシアンの教育活動について
  (小鍛冶邦隆)
  ・O.メシアンのオルガン作品について 
   ―レジストレーションの観点から―(斎藤恵)
  ・クロ―ド・ドビュッシー 
   あるいは水のリズム(O.メシアン/伊藤制子訳)

・メシアンの没後の受容
   ―メシアン亡きあとにメシアンを知ることについて―
   (藤田茂)
  ・メシアンの作品の主要ディスコグラフィー
   (1992年以降の録音)(藤田茂)

ロシアの音楽
  ・DSCHをめぐって:
   デニーソフ,シニートケは,
   ショスタコーヴィチをどう受容したか(千葉潤)
  ・《ムツェンスク群のマクベス夫人》と時代の要請としての
   「ソヴィエト・オペラ」(中田朱美)
  ・ある表現者の殉教,もしくは彼女を愛した男の悲劇
   ―R.ジョーンズ演出《炎の天使》
   (ブリュッセル・モネ劇場,2007年)(森岡実穂)

  創作の現場から〜若手の作曲家の活動
  ・創造の私的考察(武智由香)

研究論文
  ・ニューヨーク・タイムズで読むアメリカ時代のバルトーク
   ―1939年-1946年の記事から―(金久保明子)

  モーゼとアロン
  ・《モーゼとアロン》上演データ(金久保明子)

(137頁 2,400円+税)

第11号 (2004-2005)
小特集《ヴォツェック》
・「ヴォーツェク」の草稿とオペラのリブレット(岩淵達治)
・考える豆―R.ジョーンズ演出《ヴォツェック》における
 近代的人間の不安(森岡実穂)
・ヴォツェックの「時間」についての4つの覚え書き
 (ミシェル・ファノ/栗原詩子訳)
・血のサンボリズム
 (フランソワーズ・フェルラン/伊藤制子・訳)
・本能と反省の間ーベルク、オペラ、ヴィーン的二分法
 (クリストファー・ヘイリー/向井大策訳)
・《ヴォツェック》上演データ+録音・映像データ(石川亮子)

・ヴェーベルンの音(川島素晴)
・国際コロキウム「著作に見るブーレーズの思想」(藤田茂)
・園田高弘追悼(長木誠司)


(101頁 2,400円+税)

第10号 (2001-2003)
特集《ルル》

《ルル》とその音楽
  ・《ルル》第3幕のリアリゼーションに関するさらなる覚え書き
   (フリードリヒ・ツェルハ/柴辻純子訳)
  ・ベルクの読んだ『ルル』(中島裕昭)
  ・アルバン・ベルクのオペラ《ルル》における音楽技法について
   (石川亮子)
  ・多様性と多義性のオペラ「ルLuluル」(諸井誠)
  ・《ルル》のスケッチをめぐって
   (パトリシア・ホール/伊藤制子訳)

現代のルル
  ・《ルル》軽量化計画―R.ジョーンズ演出《ルル》
 (2002年、ENO)
   (森岡実穂)
  ・アルバン・ベルクの《ルル》における宿命の女
   (ファム・ファタル)とレズビアンの表象
   (カレン・ペグリー/向井大策訳)

演出から見る《ルル》
  ・ルルの相貌(ピエール・フリノワ/栗原詩子訳)
  ・《ルル》の肖像画をめぐる小考(山之内英明)
  ・《ルル》上演データベース(2幕版/3幕版)
  ・参考文献&ディスコグラフィー(石川亮子)

・スクリャービンと『第二世代』の象徴主義者たち
   (T.レーヴァヤ/訳・註・解説:斉藤毅、野原泰子)
  ・《パルティータ》出版譜校正のための12音音列分析
   ―諸井誠《パルティータ》の成立―(柴辻純子)

  (192頁 2,800円+税)

ご購入はこちらから!

第9号 (1997-2000)
・秋山邦晴の活動(石田一志)
・文献解題(石田一志)
・未来派(秋山邦晴)
・ハンス・リヒター
 ―あるいは動きのオーケストレーション(秋山邦晴)
・ベルギー・シュルレアリスム・グループ運動の展開
 (秋山邦晴)
・コロンブスの魚―バウハウスのなかの音楽(秋山邦晴)
・シェーンベルクと表現主義 音楽と美術の出遭い(秋山邦晴)
・アラン・カプロー―行為の芸術学か,行為の政治学か
 (秋山邦晴)
・高橋アキ・インタヴュー(聞き手:佐藤聡明、石田一志)
・伝統の冒険 銅鐸に秘められた謎(秋山邦晴)
・芭蕉俳句私鈔覚書(秋山邦晴)
・黒い絵画(秋山邦晴)
・秋山邦晴・略年譜
・秋山邦晴・書誌
・弔辞
・秋山邦晴追悼演奏会記録

(134頁 2,400円+税)

第8号 (1996)
コルンゴルト特集
・コルンゴルトの人と音楽(石田一志)
・映画を名づけるもの―コルンゴルトとハリウッド(藤村晶子)
・コルンゴルトとオペラ(早崎隆志)
・コルンゴルト年譜(石田一志)
・コルンゴルト作品表(石田一志)
・コルンゴルト・ディスコグラフィー(浅里公三、石田一志)

クシェネク小特集
・クシェネクの生涯と音楽―アメリカ亡命前を中心に(西村理)
・クシェネク年譜(西村理)
・クシェネク・ディスコグラフィー(西村理)
・クシェネク文献紹介(西村理)

追悼論文
・時代のエビステーメーの共有―柴田南雄のシアター・ピース
 (佐野光司)
・柴田南雄における「詩と音楽」
 ―《優しき歌》から《夜に詠める歌》へ(村田真穂)
・武満徹―その人と音楽(武田明倫)

・シェーンベルク故郷に帰る(大田美佐子)
・ベルク著作集およびベルク=アドルノ書簡集について
 (長木誠司)
・現代音楽と現代オペラ―ベーター・ルジツカを迎えて
(相澤啓一訳)

研究小論文
・イダ・ルビンシテイン―20世紀音楽のミューズ(伊藤制子)
・イダ・ルビンシテイン―による委嘱初演リスト(伊藤制子)
・ブライアン・ファーニホウの作曲技法における
 「コンプレキシティー」(曽田裕司)
・PCSは音楽について何を語ってきたか?(その2) (水野みか子)

(165頁 2,400円+税)
第7号 (1995)
名誉会長ピエール・ブーレーズを迎えて
・ピエール・ブーレーズは語る(岡部真一郎訳編)
・ピエール・ブーレーズの近況(笠羽映子)
・ピエール・ブーレーズ(1925-)略年譜(笠羽映子)
・ピエール・ブーレーズ・文献紹介(笠羽映子)

ヒンデミット特集
・パウル・ヒンデミット―音楽と社会
 (ギーゼルヘア・シューベルト/相澤啓一訳)
・ヴァイルとヒンデミット 聴衆に見た夢
 ―《リンドバーグの飛行》をめぐって―(大田美佐子)
・映画に目が眩んで・機会仕掛けの音楽
 ―ヒンデミットとサイレント映画をめぐる二、三の事柄―
 (藤村晶子)
・ヒンデミット・文献解題(長木誠司)
・パウル・ヒンデミット・年譜(長木誠司)

<頽廃音楽>小特集
・ヴィクトール・ウルマン―忘れ去られた作曲家の帰還
 (コンラート・リヒター/相澤啓一、相澤ちあき訳)
・テレージエンシュタット(テレジン)収容所・略年譜(長木誠司)
・<頽廃音楽>文献解題(長木誠司)
・ライプツィヒ歌劇場見聞録(長木誠司)
・≪抒情組曲≫の秘められた標題(2)
 (ジョージ・パール/長木千鶴子訳)

研究・小論文
・「色彩」の音楽・生の音楽
 ―メシアンとセリー主義を分かつもの(澁谷政子)
・1970年前後の前衛音楽における反復(沼野雄司)
・ヘルムート・ラッヘンマンにおける「構造」と「拒絶」
 (白澤道夫)
・PCSは音楽について何を語ってきたか?(その1) (水野みか子)


20世紀音楽の文献案内
 I  シェーンベルク(柴辻純子)
 II  フランス(遠山奈穂美/恩地元子/伊藤制子)
 III アメリカ(川西真理/白石美雪)

(154頁 2,400円+税)


第6号 (1993-94)
シェーンベルク特集
・ユダヤ民族のための4つのプログラム
 (アルノルト・シェーンベルク/石田一志訳)
・解説と年譜(石田一志)
・12の音による作曲(抄)ほか小論
 (アルノルト・シェーンベルク/長木誠司訳)
・シェーンベルクと<時事オペラ>
 ―オペラ《今日から明日へ》にみる反時代性―(藤村晶子)
・シェーンベルクとケージ(1)―出会いの風景―(白石美雪)

・《竹林奇譚巻之壱・斐陀以呂波》創作ノート(後編)
 ―《全7曲》の初演から≪全12曲≫の初演まで―(諸井誠)
・《叙情組曲》の秘められた標題(前半)
  (ジョージ・パール/長木千鶴子訳)
 ・ウィーン・モダン―アルバン・ベルクから今日へ
  (第9回例会記録)
・ゴットフリート・フォン・アイネムを迎えて(第12回例会記録)

(105頁 1,800円+税)

第5号 (1991-92)
ツェムリンスキー特集
・ツェムリンスキーの生涯とその音楽(石田一志)
・ツェムリンスキー―新ウィーン楽派の巨匠
 (エルンスト・ヒルマー/樋口隆一訳)
・ガラスの心臓―ツェムリンスキー、ホフマンスタール
 そしてウィーンのユーゲント・シュティル
 (アイケ・ラートゲーバー/水野みか子訳)
・分析的研究ノート:
 ツェムリンスキー―固有性の発展と創意の所在(南聡)
・ツェムリンスキー《カンダウレス王》再構成中間報告
 (アントニー・ボーモント/水野みか子訳)


・「竹林奇譚」創作ノート(前編)
 ―着想から「竹林奇讃・斐陀以呂波」(全7章)の作曲まで
 (諸井誠)
・キャラクター(登場人物)としてのルルと『ルル』の
 キャラクター(性格) (レオ・トライトラー/石井幸広訳)
・新しい音楽と映画第1日(1992年3月26日)の講演
 (ハンスイェールク・パウリ/寺本まり子訳)
・ヨーロッパと日本の作曲界(澤辺行子)

(149頁 2,400円+税)

第4号 (1989-90) マンフレート・グルリット特集
グルリット特集
・マンフレート・グルリットーある忘却された音楽家の肖像―
 (長木誠司)
・M.グルリットと日本―遺稿資料を通してみた日本の音楽文化―
 (西原稔)
・偉大な一族―グルリット家―(ヒルデ・へルマン/小泉進訳)
・グルリットのオペラ(そのI)
 《聖女》《ヴォツェック》《兵士たち》の概要
 ―ベルク、ツィンマーマンとの比較を兼ねて(大倉文雄)
・マンフレート・グルリットの歌曲(永岡都)
・《ゴヤ交響曲》と《シェイクスピア交響曲》(高久暁)
・マンフレート・グルリット作品表

・残照のロマンティシズム―プフィッツナーの憧憬の世界―
 (西原稔)
・書評と文献案内I ―ワイマール文化の中の音楽―
 (西原稔/長木誠司)
・ベルクとシェーンベルク
 (ルードルフ・シュテファン/樋口隆一訳)
・20世紀におけるドイツの音楽劇について
 ―特に、ベルント・アロイス・ツィンマーマンの
 オペラ《兵士たち》との関連において
 (ルードルフ・シュテファン/寺本まり子訳)
・ヴォツェックと黙示録(レオ・トレイトラー/石井幸広訳)

(169頁 2,400円+税)

第3号 (1988-89 )
・アルバン・ベルク『抒情組曲』の秘教的プログラム
 ―意味論的分析―
 (コンスタンティン・フローロス/宮川尚理訳)
・アドルノとモダニズム(水野みか子)
・ヒンデミットとオペラの問題
 ―カルデイヤック:創作の狂気から世界との調和へ―
 (長木誠司)
・ディーター・シュネーベルとの対話(聞き手:長木誠司)

研究ノート 諸井誠―「知」の先駆者(佐野光司)

研究ノート R.ハウペンシュトック・ラマティの音群的作曲技法
 ―『タブロー』の分析を中心にして―(中村滋延)

研究ノート 上品は下品、下品は・・・・・
 ―リヒャルト・シュトラウス『家庭交響曲』のかなたに―
 (青柳謙二)

(137頁 1,800円+税)

第2号 (1986-87)
・「三文オペラ」の考察―ソングの内容を中心にして―
 (岩淵達治)
・1960年代以降の日本の作曲様式
 ―2つの楽器間の入りの分析を通じて―(楢崎洋子)
・アルバン・ベルクのオペラ作品における「形式」について
 その1:ヴォツェック(Kimiyo Paulis―Okano)

対談―ワイルの「三文オペラ」を語る(木村光一/岩淵達治)
・アルバン・ベルクの室内協奏曲の秘められたプログラム
 ―意味論的分析―(コンスタンティン・フローロス/塩川京子訳)
・マラルメ体験 創造の神話からテクストの変革へ
 『ブリ・スロン・ブリ』と『第3ソナタ』
(ドミニック・ジャムー/笠羽映子訳)

研究ノート 今日のクルト・ワイル(早崎えりな)

研究ノート 音楽・美術・ボードレール―ロックスパイザーの
 「絵画と音楽」を読む―(倉林靖)

研究ノート 新ウィーン楽派の作曲家群像
 ―ツェムリンスキーの世界―(石田一志)


(140頁 1,800円+税)

第1号 (1985)
・科学と音楽(村上陽一郎)
・ドビュッシーの『前奏曲集第一集』における中心音のセリー
 (諸井誠)
・バッハと新ウィーン楽派(樋口隆一)
・アルバン・ベルク回顧展より(後藤暢子)
・《ルル》音列の基凝的考察(大倉文雄)

シンボジウム「アルバン・ベルクは死んだか」
 (バネリスト)諸井誠/岩淵達治/長木誠司(司会)佐野光司
 ・皇帝フランツ・ヨーゼフの秘密の愛の巣


研究ノート ゲオルゲとウィーン楽派(川村二郎)

研究ノート フランツ・リストと20世紀音楽
  ―リスト没後100年に寄せて―(野本由紀夫)

研究ノート ロシア・アヴァンギャルドの作曲家
 アルトゥール・ルリエ―その人と作品―(安原雅之)

シンボジウム 2人の『ヴォツェック』
 ―アルバン・ベルクとマンフレット・グルリット
 (パネリスト)若杉弘/日高久子(司会)石田一志

(143頁 1,800円+税)

 

ALBAN BERG GESELLSCHAFT, JAPAN © All Rights Reserved.